top of page

コールセンターのKnow how

取引管理の進化を体感しよう!

インフィニトークのテキストサービスは、2023年10月にフェーズ8.0へとアップデートされ、取引管理機能が大幅に強化されました。このアップデートにより、ビジネスの取引をより効率的に、かつ効果的に管理することが可能となりました。取引管理は、ビジネスにおいて非常に重要なプロセスです。これにより、企業は顧客との取引を効果的に追跡し、分析することができます。新しい取引管理機能は、このプロセスをさらに強化し、効率化するための素晴らしいツールを提供します。それでは、この新しいバージョンの魅力と特徴について詳しく見ていきましょう。

チャート

1. 取引レポート

新しい取引管理機能の中でも特に注目すべきは「取引レポート」です。この機能は、取引のデータを集計し、ダッシュボードにグラフとして表示することができます。具体的には、インサイトセールスの設定があるグループや、各パイプラインのレポートを作成することができます。さらに、作成するレポートの日付や期間もカスタマイズ可能です。


チャートのメリット

この新機能の大きな魅力は、取引データを視覚的にチャートで見ることができる点です。チャートは、棒グラフ、横棒グラフ、円グラフなど様々な形式で表示することが可能です。これにより、データの分析が非常にしやすくなります。また、取引プロパティーの設定も柔軟に行うことができ、表示と測定指標をカスタマイズすることができます。



取引管理の分析



2. 取引ダッシュボード

取引ダッシュボードは、各レポートをホーム画面で一覧表示することができる機能です。利用者は、自分が所属するグループのレポートを閲覧・編集・作成・削除することができます。これにより、必要な情報に迅速にアクセスし、効率的に作業を進めることができます。


3. 顧客情報のサイトURL・メールアドレス対応

顧客情報のサイトURLやメールアドレスも新しい取引管理機能の一部です。コンタクト情報項目画面で“サイトURL”を表示設定すると、コンタクト情報入力画面でサイトURL項目を使用することができます。また、タイムライン画面でサイトURLやメールアドレスをクリックすると、自動的に関連するサイトやメール送信ツールに移動することができます。

新しい取引管理機能は、取引の追跡と分析をより効率的に、そして視覚的に行うための強力なツールを提供します。特に、チャートを使用したデータの視覚化は、データ分析の効率を大幅に向上させるでしょう。​

32 views

Comments


無料でサブスクライバー登録

お申し込みありがとうございました。

コールセンター向け AsteriskベースPBXをクラウドとオンプレミスで提供
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目12番19号 東建インターナショナルビル8F  TEL:03-6386-0321

Copyright JMS-United Co.,Ltd. All Rights Reserved.

bottom of page